カテゴリ: フランスの話

湘南パン教室クラムの池田です。

LINE@始めました!
登録するとレッスン情報を受け取ることが出来ます。(月1、2回の配信予定です)

友だち追加


初の著書「こねずにできる ふんわりもちもち フォカッチャ」発売になりました!
楽天books     ★amazon


インスタグラム更新中です!
日々の教室やパンの試作をアップしています、お気軽にフォローしてください。

湘南フランスパン教室Crumb-クラムご紹介はこちら★
講師プロフィールはこちらから★



私がフランスで働いていた時の話をゆっくりと更新中です
少し間が空いてしまったので前回までのお話はこちら→ 


さて、念願かなってワーキングホリデーでフランスに来た私。
空港で彼(現在の夫)に見送られ大号泣。笑
CAさんに励まされながら搭乗し(^o^;)
当時全てが順調だった日本を飛び出しフランスへ!


飛行機と電車を乗り継ぎ、ノルマンディー地方ルーアンにやってきました。

ルーアンはパリから約1時間半。
県庁所在地ではあるものの1日もあれば回れてしまうような小さな都市です。
大聖堂が有名ですね。



まずは日本から連絡を取っていたMOFのシェフに会いに行き、
ここで働きたい旨を伝えましたが
今は人が足りているので研修ならばOKとのこと。




しかし研修ビザを日本から送ってもらうのに1ヶ月もかかるというハプニングがあり…

初めての海外暮らし、
そもそも1人暮らしも初めて。
(正確にはいつもどこかの国の人とシェアハウス)
慣れないことばかりで寂しくて、さっそくホームシックにかかっていました


1ヶ月後、ようやくパン屋さんで3か月の研修生として働くことになります。


研修生といっても朝から晩までガッツリとシフトに入りパンを作ります
MOFのパンに携わるんだから責任重大…!
お店はルーアン1人気のパン屋さん。お昼時は行列ができます。

1454679_627675743957378_207986217_n


味も本当に美味しかった!

これは本当にラッキーというか大事なことで
日本のパン屋やお菓子屋が平均点が高く、まずいお店ってなかなか無いのに対し
フランスはいい加減なお店が結構あります笑
同じMOFを取得したシェフのお店であっても美味しくて丁寧な仕事をしているとは限りません。



フランスではパンを大きく2つのカテゴリーに分けます。
バゲットやカンパーニュなどの食事パン「パン」
クロワッサンやヴィエノワなどの菓子パン「ヴィエノワズリー」

私はこのお店では主にパンの成形に携わっていました。

995564_627676287290657_565345146_n
rouen3






幸いこの職場で働くみんなは優しくプロ意識が高かったので、良い経験ができました。
まあ感情表現が豊かな国民性なので、よく職場で泣いているカップルがいたりと
色々とびっくりすることもありましたが。笑



最後の日にはみんなからネックレスのプレゼントと寄せ書きも…!

rouen

rouen2



なんとか無事3か月の研修を終えたのは2月末。

都会ではなく地方のパン屋で仕事をしたかった私は
フランスの地方をいくつか回って旅をしながら、次の職場を探すことにしました。
履歴書を持って、直接気に入ったパン屋に手渡しするという地道な方法です。笑


④に続きます^^



ESSE onlineにてパンのコラム連載中です!最新記事「ダイエットに最適!おから蒸しパン」
朝時間.jpにて簡単パンレシピ連載中です!こちらから★



湘南パン教室クラムの池田です。

LINE@始めました!
登録するとレッスン情報を受け取ることが出来ます。(月1、2回の配信予定です)

友だち追加



インスタグラム更新中です!
日々の教室やパンの試作をアップしています、お気軽にフォローしてください。

湘南フランスパン教室Crumb-クラムご紹介はこちら★
講師プロフィールはこちらから★


ESSE onlineにてパンのコラム連載中です!最新記事「ホットケーキミックスで!作業10分のバレンタインレシピ」
朝時間.jpにて簡単パンレシピ連載中です!こちらから★




暇なときの読み物に…
生徒さんから度々「フランスの話をもっと聞きたい〜!」という声をいただきますので
私がフランスにいたときのお話を数回に渡って書きたいと思います。

完結するまで時間がかかりそうですが、ゆっくり更新しますね。

前回のお話→


大学生の時に行ったフランスに魅せられ、
今度はパン屋さんで働きに戻ってくることを決意したところまで書きました。



大学卒業後、フランスへ行くにはまずは資金を貯めて語学を勉強しなきゃと思っていた私に
コルドンブルー代官山校のシェフがアシスタントをやらないかと声をかけてくれて、
パン科のアシスタントとして働き始めます。


しかしシェフは日本語のわからないフランス人!
私はフランス語が全然わからない上に、
大学を出たばかりで社会人の常識も何もない状態だったので、
仕事にならずにまあ怒られました😅


しかし毎日フランス語を使わなければならない環境に身を置き、苦労したおかげで、
だいぶフランス語の勉強になりました。

フランスに行くという明確な目標もあったので
当時は休みの日も暇さえあれば、何時間も勉強していました。

今はだいぶ忘れましたけど…
私、フランス語自体が大好きなのです。
世界一響きが美しいなんて言われますが、確かにそう思います。
聞くのも話すのも、愛ある表現なんかも好きです。



コルドンブルーでは2年ちょっと働きました。
仕事もその頃には慣れてめちゃくちゃ楽しくなっていて、
今も交流のある素敵な出会いも沢山ありました。
上司だったのフランス人シェフには、後に結婚式でスピーチしてもらう程、家族のような存在になっていました。

しかし申請したワーキングホリデービザもあっさりおりて
泣く泣く退職して、夢だったフランスへ1年行くことになりました。


出発の時点で、なんと私は仕事も家も決まっていませんでした!


勿論日本から働き先のパン屋を探して何通も履歴書をメールで送ったりしていたのですが
なかなか見つからず…
当時は私もこだわりが強くて、どうせ行くなら日本人ばかりの店ではなく、
MOF(フランスの人間国宝みたいなものです)のシェフ元で、フランス人の中で働きたい!と思っていたので尚更見つかりません。
その中でも1件、フランスのノルマンディー地方のルーアンという都市に、話を聞いてくれるというシェフがいたので、
そこを頼りにまずは1週間だけ、そのパン屋の近くにホテルをとってフランスへ渡ることになりました。

仕事も住む場所も決まっていない状態で1年フランスに行くなんて、今なら怖くて出来ません。笑


コルドンブルーでアシスタントをしていた時の写真です。
なかなかフランスの風景写真とかが登場せず、すいません笑

1382418_10151894995759551_1568895739_n





次回ようやくフランスへと飛びます!







湘南パン教室クラムの池田です。

LINE@始めました!
登録するとレッスン情報を受け取ることが出来ます。(月1、2回の配信予定です)

友だち追加



インスタグラム更新中です!
日々の教室やパンの試作をアップしています、お気軽にフォローしてください。

湘南フランスパン教室Crumb-クラムご紹介はこちら★
講師プロフィールはこちらから★


ESSE onlineにてパンのコラム連載中です!最新記事「ホットケーキミックスで!作業10分のバレンタインレシピ」
朝時間.jpにて簡単パンレシピ連載中です!こちらから★




さて、ここ数週間、外出しにくい日々が続いていますね。

暇なときの読み物に…
生徒さんから度々「フランスの話をもっと聞きたい〜!」という声をいただきますので
私がフランスにいたときのお話を数回に渡って書きたいと思います。

完結するまで時間がかかりそうですが、ゆっくり更新しますね。



10511292_743776012347350_913917316058480572_n




私がフランスに行ったのは今からもう6年前の話です。
1年のワーキングホリデーでした。

その前になんでフランスに行くことにしたのかっていう経緯を説明しなければなりません。
(突然思いつきで行った訳ではないのです。笑)



私は普通の4年制大学に通っていた訳ですが、
料理(特にパン!)が好き!
料理の本や雑誌を見るのが大好き!
毎日食べ歩いたり、おうちで料理を作るのに夢中でした。
やはりこちらの道に進みたいと思い
大学在学中にルコルドンブルーという料理学校のパン科にも通わせてもらいました。



コルドンブルーは本校がフランスにある学校で、私が学んだパンは完全にフランスパン。
先生もフランス人だしパンの用語もフランス語だし、
習うのは毎週のようにバゲットとクロワッサンとフランス特有のパンばかりでした。

フランスパンを学んでいるんだから、絶対本場に見に行かなきゃ!と思い、
21歳の頃、大学の夏休みを利用してフランスに行くことに決めました。
(ちなみに大学生の時はドイツパン屋さんでバイトをしていたので、ドイツにも食べ歩きに行きました。
当時は身軽で行動力に溢れていました~)


1人では、海外旅行どころか飛行機にも乗ったことがなかった私。
不安だったので、語学留学という形でエージェントにお願いして。
バイト代や貯金を崩して、2週間の語学留学でパリに滞在しました。


その時の2週間は、私の人生を変えるくらいに濃いものでした。


本を見ながら色んなパン屋さんを食べ歩いたり、
語学学校で色んな国の人に出会ったり、
新幹線に乗ってアルザス地方に行ったり。

勿論いい事だけじゃなくてスリにあったり言葉が通じなくて悔しい思いも何度もしたのですが、
とにかくフランスが美しくて感動して。
毎日が刺激的で楽しくて。
またここに絶対戻ってくる!今度は働きに戻ってくる!
と決めた訳です。


ヘミングウェイの「移動祝祭日」に以下のような有名な言葉があります。

「もし幸運にも、若者の頃、パリで暮らすことができたなら、その後の人生をどこですごそうとも、パリはついてくる。パリは移動祝祭日だからだ。」

まさに私もパリに魅せられた若者の1人だったのです。


②に続きます(^^)


150072_136783859708137_8083027_n

なんかこんな写真しかなかったのですが・・・
パリにて、まだ大学生だった私と、ホームステイ先で隣の部屋だったオランダ人の女の子と。
当時フランス語も英語もままならない私に彼女はすっごく優しくて!
二人で見たフランス革命記念日7月14日の花火の感動は、今も忘れられません。


こんにちは。湘南パン教室クラムの池田です。

LINE@始めました!
登録するとレッスン情報を受け取ることが出来ます。(月1、2回の配信予定です)

友だち追加


インスタグラム更新中です!お気軽にフォローしてください。




今日は久しぶりにフランスのお話。

長いですが、生徒さんに「フランスの話もっと聞きたいです!」
と言っていただくことがあるので、ご興味ある方はどうぞ^^



少し前、フランスで出会った友人マチルダとその彼が我が家に泊まりに来てくれました。

このカップル、
なんと鹿児島に上陸して、
自転車で北海道まで旅をしている途中で寄ってくれたのだから驚き!

日本での長旅、
少しでも故郷の味にに近い朝食を出して
ホッとしてほしいな~と考えた私。


フランスの朝食って何食べたっけなーと
留学やワーキングホリデー時代を思い返してみると、
日本の味噌汁や干物みたいに朝から料理するもの(ポタージュや焼いたお肉お魚)はまず、出てこない。

卵も友人に聞くと「朝は食べない」と言われたし、
サラダさえ、私は出された記憶はない。

きっと皆さんが想像するフレンチより内容はずっと簡素!

そして朝から頑張って料理したり栄養バランス良く摂ろう!
なんて考えている人はあまりいない。
(日本人は真面目ですね^^;)




じゃあ朝何を食べてるかって言うと
加工肉と果物、パン、ヨーグルト、バター。
調理いらずですぐ食べられる加工品、軽い物。
その代わりパンとジャム、飲み物は複数の種類がテーブルにあったりした。


フランスはそもそも農業大国なので
果物をそのまま切って出すだけで美味しいし、
ヨーグルトやバターだってスーパーに膨大な種類があって安くてクオリティが高いし、
ハムのような加工肉だって美味しいお肉屋さんはそこら中にあって少量から買えるし、
なにより何も無くたって、パンとコーヒーがあれば十分満足なのです。




10406566_743223932402558_1303587077028498662_n


↑ 思い出に残っている朝食。
ボルドー地方のサンテミリオンのブドウ畑の中にあるホテルにて。
地方の小さなホテルに行ってもすごーくセンスがいいのが
さすがフランスと言わざるを得ない!





マチルダの彼は自宅で自家製酵母でパンを焼くらしく
私の自家製酵母パンにもすごく興味を持ってくれたので、
朝食には自家製酵母のカンパーニュと、日本の伝統的なパン?メロンパンを出してみました😆

IMG_20190531_075257



メロンパンはこの上に乗ってるの何??と物珍しそうな反応!
フランスにはこういう大量生産しにくい菓子パンは存在しないのです!


そしてカンパーニュ、凄く好評でした💕
私がフランス人から学んだパン作りを、
本国の人に褒められるとやっぱり嬉しい。

ハムやキャロットラペを乗せて「タルティーヌ」にして食べていました。
フランス人はパンに何か乗せたり塗ったりして食べる、タルティーヌが朝食の基本!
コルドンブルー時代のシェフは、賄いのカレーライスさえご飯ごとパンに乗っけて食べてましたから😆




私、彼女にはフランスで大変お世話になったのです。

フランスには夏に1か月の長いバカンスがあります。
私もフランスでパン屋さんに勤めていた頃、バカンスを利用して
フランス人も行かないようなド田舎の農家にファームステイをしに行っていました。

その時同じお家に滞在していたのがマチルダとその友達のクレモンティーヌでした。



10635915_771181926273425_7065498631615422315_n




あまり自然に囲まれて生活したことのなかった私は
「実はファームや田舎の暮らしの方が向いているかも?」
と思って行ってみたのですが
どうやらそれなりに栄えている所の方が向いていたようで笑
お菓子や料理を作ったり、たまにトマトを採ったりなど(簡単な農業^^;)して過ごしていました


10629811_771183002939984_595675322040970633_n

↑ これはいちじくを収穫してジャムを作っているところです。


全然農業に向いていない上に言葉も流暢でない私に
マチルダとクレモンティーヌはとっても優しく接してくれました。

パリで接する同世代といえば職場のチャラチャラ系男子ばかりだったので笑
地方出身の優しくてまっすぐな二人との出会いは、フランス人のイメージをさらに良くしてくれたと言えます。

彼女たちは農作業は勿論、ペンキ塗りだってお手の物。
(日本の20代にペンキ塗りをしたことのある人はそんなに多くないはず!)
なんでも自分で出来て、自立していて、かつ損得関係なく人に優しい。
かっこいいなあと思っていました。

一緒に夜はパソコンでフランス語の映画を見たり、音楽を聴いたり
近くの街まで車で音楽フェスに行ったらおじさんののど自慢みたいなのでガッカリしたのもいい思い出です。
今あの時のことを思い返すと絵本の中にいたような感覚になります。


フランスのド田舎で偶然出会った彼女と、
日本の私の家で再会することができるなんて
これぞフランス語でいうLa vie est belle「人生は美しい」
と感じる出来事でした。




お問合せ
crumb.france@gmail.com



LINE@にご登録いただくとレッスン募集を開始したらLINEで情報を受け取ることもできます。

友だち追加


湘南フランスパン教室Crumb-クラムご紹介はこちら★
講師プロフィールはこちらから★

↑このページのトップヘ